珈琲好きにはたまらない職業|バリスタを学べる学校へ行こう

学生

資料を参考にして探そう

男女

調理師になるためには、国家試験に合格をする必要があります。そのためには、様々な知識や技術を学ぶ必要があります。ですから、専門学校に通って勉強をするのが良いでしょう。多くの専門学校がありますから、資料を参考にして調理師を目指す事が出来る専門学校を見つけましょう。

スイーツに囲まれて

女性

スイーツブームの中作り手であるパティシエの人気が高いです。男性が多い職人の中にあって、パティシエは比較的女性が多く、その活躍が大きく期待されています。パティシエを目指すには、専門学校で基本的な知識と技術を習得することが推奨されているのです。専門学校は中卒から学べるコースもあり、同時に高卒資格が得られると人気が高いです。

コーヒーの専門家になる

バリスタ

資格を持っていた方が有利

バリスタとは『コーヒーの専門家』という意味のイタリア語で、カフェでお客さんにドリンクを提供するのが仕事です。ただ単に美味しいコーヒーを淹れられれば良いというわけではなく、バリスタにはもっと専門的な知識が求められます。例えば、コーヒー豆の種類だったり、原産地ごとの特徴であったり、時には歴史に関する知識も必要です。お客さんの些細な質問に対してわかりやすく、そして的確に答えられてこそ一人前のバリスタと言えます。バリスタの資格は民間のものであるため、名乗るだけであれば必ずしも習得する必要はありません。しかし、資格を有することでコーヒーに精通しているという点を強調できるため、バリスタとして活躍したいならぜひ習得をおすすめします。

得意な分野を増やせる

バリスタの資格はいろいろな方法を通して取得できますが、最も確実性の高いルートは専門学校に通うかたちです。専門学校の強みは、バリスタに必要な知識がバランスよく時間割に含まれている点で、授業に出るだけで一通り学べます。カフェなどの店舗に就職をし、そこで修業をつむというルートもありますが、この方法だとどうしても勉強する事柄にバラつきが生じます。専門学校であれば未修の分野を作らずに済むため、バリスタとして働き始めた時に多様なお客さんの要望に応えられます。また、専門学校には同じ志を持ったクラスメイトがいるのも特徴で、切磋琢磨していける分だけモチベーションを保ちやすいです。やる気の有無はバリスタとしての成長具合に大きな影響を与えますから、その意味でも専門学校は最適な環境と言えます。

開業する前に必要な知識

喫茶店

喫茶店などを開業する場合、カフェスクールに通い専門技術や知識などを見に付けることが重要である。コーヒーでは味によりお店の売り上げなども大きく変わってくるため、専門の学校に通うことで知識を習得することが必要になる。